君は見たことがあるか?

さて先日。
とうとう私の長年の夢の一つである、「アレを覗く事」ができたのです!
何かというと、測量機器を覗いて見ること。
一度、覗いてみたかったのです。
よく道路脇で、奇妙なカメラみたいな機械を三脚に付けたような様子で
作業服を着たおじさんが覗いては何やら書き込んでいたりするではないですか。
あれです、あれ。

見かける度に後ろ髪を引かれる思いで通り過ぎる事、度々。
あれって覗くとどんな風になっているのかなぁ・・・?どうやって距離がわかるのかなぁ・・・?
見たいけれど、急に頼んで見せてもらえるかなぁ、仕事中だしなぁ・・・
と、こんな心配と興味にいつもさいなまれておりましたら先日、頼むチャンス到来!!!

「すいません・・・一度、これ覗いて見たかったんです・・・」
とお願いしたところ、心良くお兄さんが覗かせてくれて説明してくれました。
カメラのレンズのピント合わせするように焦点を合わせるのですよ。
そして対象物からの鏡の反射で距離を出すとかなんとか・・・
ああ、嬉しい。見てみたかったの。
これで一つ、人生での謎が減ったわ。

測量機器ってどんなだっけ?と思われた方はこんな感じ(私の試したものとは違う形だけれど)


私は「謎の仕事道具」を見せてもらうのが大好き。
時計の修理職人さんに小さなドライバーセットを見せてもらって
オマケに時計の中味を見せてもらい、説明してもらったり、
デパートの設備管理のお兄さんに、道具一式を入れているウエストバッグを
貸してもらって腰に付けさせてもらったこともあります。
(重くてひっくりかえるかと思った。)

ああ、良かった・・・
まだやってみたい謎道具の解明はあるのですけどね。
たとえば鳶職人の人が履く、だぼだぼの作業ズボン(なんと言う名なのだ?)を履いてみるとか・・・

b0158125_6403666.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2009-11-04 06:44 | ぽくぽく散歩