しんしんしんしん、と静かになったと思ったら、
雪が降っていたのだな。
しらぬ間に。

ざわめく音を白カプセルに閉じこめて
しんしんしんと空から降りてくるのだな。

だから溶けると閉じこめた
雑多な音があふれ出て
街はうるさくなるのだな。

子どもの声は熱いから
カプセルに入ってもすぐに解け出てしまって
あの音だけが
外ではね回る音がするのだな。
[PR]
# by otegami-studio | 2011-02-15 06:16 | 備忘録
めずらしい生き物の番組を見ていたら、
ありくいが出てきた。

シロとクロのカラーで(貘 ばく とは違うのよ)
口というか鼻というかの部分が長いけど
それが意外にかわいらしいなと
思って見ていたら、なんと
一日に食べる蟻が3万匹という。

3万!


蟻じゃなくてもっと他のものを食べた方が
おなか一杯になるんじゃないか?
蟻も栄養がありそうだけどねぇ・・・
なにせ3万はたいへんだなあと同情してしまった。

さらに、かわいい容姿と一瞬思ってしまったが、
蟻塚に舌を差し込んで食べる、その舌の長さをみてしまったら
あまりに長くて細くて気味悪くて、
かわいいと思ったことも後悔してしまったのである。

ありくい。

ちょっと不思議な動物。
[PR]
# by otegami-studio | 2011-02-03 12:51 | 備忘録
いろいろ忙しく作っているうちに
2月になるようです。

この前、書いたのが1月の兎の話で、もう2月ですか・・・。
ま、仕方がない。

2月というと、「きさらぎ」という言い方があります。
昔の日本の季節の呼び方です。

「きさらぎ」は「如月」とも「更衣」とも書きます。

「更衣」の文字と意味が私は好きなのですな。
「更衣着きさらぎ」すなわち「寒いので衣(きぬ)を更に重ねて着る」と言う意味。

寒いですもんね、2月。

さらに着てしまいます。
1月の末日だけど今日も寒いです。
きさらぎ、きさらぎ・・・
[PR]
# by otegami-studio | 2011-01-31 06:06 | 備忘録
新しい年になりました。
兎の年。

兎と言うと、白くて赤目の兎を想像しがちだけれど、
あの白い兎はジャパニーズホワイト(日本白色種)と言われる特別種なのですね。
アルビノで目の赤い個体が多いのだそう。

そういえば
ピーターラビットも別に兎だからと言って、目が赤じゃないもの。

日本の兎の日本の常識。
[PR]
# by otegami-studio | 2011-01-07 06:17 | 備忘録
大人が両腕で輪を作った位の中に一秒に6億の塵が降っていると
何かで聞いて以来・・・
年末の大掃除が嫌になったのだよなあ。

だって掃除する自分の動きでも塵が降るのですってよ。
信じられる?

これ聞いて掃除する気になれる?


もうすぐ新しい年。
[PR]
# by otegami-studio | 2010-12-30 15:45 | 備忘録