<   2010年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

息子が唇が乾燥して切れて痛いと訴えたので、
子供用にリップクリームを買ってやろうと薬局に行きました。
わたしの子供は男の子なので、
女の子が持つ”大人の女の人みたいに口紅を塗りたい”という願望は薄く
リップクリームに関心がないのでありました。

しかし、薬局でコレを発見。
絵柄がケロッグのぞうさん。
チョコレートの香り。
オモチャっぽくて可愛いし、おまけに甘い。

彼はものすごく気に入って、寝る前にぐりぐり唇に押しつけています。
なめると甘いので、リップクリームをつけては舐めての繰り返し・・・
意味があるのだか無いのだか。

バニラ風味の他の柄もありました。
それも可愛いかったし、きっと甘いのだと思います(笑)

b0158125_5164758.jpg
[PR]
小学生の昔から透明水彩と筆が苦手でありました。
筆は手となじまなくて、一体感がつかめなかったから
描いていて上手く線が引けない、色が載らなかったのです。
水彩の繊細過ぎるタッチも好きじゃなかったし。

鉛筆とクレヨンが好き。
そしてぺったり塗り込むのが好き。
ぐにぐにっと押しつけて描くのが好き。

だったのに、
どうにもこの頃、水彩でスゥ~ィ、スゥ~ィって
描くのがいいと思うのでありました。


b0158125_5573778.jpg
[PR]
たぶんバレンタインデーの季節だからだと思うのだけれど、
チョコレート味の炭酸飲料なんて物を見つけてしまいました。

・・・チョコレート味を炭酸でわざわざ、する?

かなり疑問ではありましたが、珍しい物好きの冒険者なわたしは
試してみました。

・・・意外にも美味しい・・・

しかし、原材料をみるとチョコレートなんて一匙分どころか微塵も入っていなくて
たぶんチョコレートを感じさせるものは”香料”だけ。
これって香料と甘味だけで人にチョコレートを感じさせるものなのだ・・・
すごい。

サントリーさんからチョコレート・スパークリング。



b0158125_4552628.jpg
[PR]
お茶を運ぶ、彼。

otegami-studio「風のなる木」お話のおわりに

b0158125_503582.jpg
[PR]
ストーブ屋のクマのつとめるぶんぶく茶館。
冬のお話をお客さまにお出しする様子を描いてみました。

otegami-studioの「風のなる木」お話のはじめに


b0158125_61437.jpg
[PR]
去年の12月に寒い地方のキレイな教会で行われた
クリスマスコンサートでリコーダーとお話でのお話ライブをいたしました。
ストーブ屋のクマのお話の外伝みたいなお話をわたしが書かせて頂いてます。
その様子がホームページから聴けるようにしました。

それから、ストーブ屋のクマからも手紙は届いています。

つまりはホームページ、更新しました(笑)
週末、お時間のあるときにどうぞ。

otegami-studioをみる


b0158125_725681.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2010-01-22 07:02
いしいしんじさんの『赤ずきん』を読みました。
いしいさんの本は好きなのです。
この赤ずきんは大人向けの赤ずきんなので、
スカ生まれのスカ育ちで自分の事を「あたい」などと呼びます。
ちょっとハスッパで、いつも透明な赤ずきんをかぶっているのです。
最後の方では「漢字検定取る」なんて手紙に書いたりもして・・・

とってもいじましくて可愛らしい赤ずきんでした。
ほしよりこさんのきかん気の強そうな赤ずきんちゃんの絵が似合ってます。


b0158125_6241610.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2010-01-21 06:24 | しおりあそび
たて続いて上履きの絵を描いたのでありますが、
頼まれた絵柄で描いた物に「ウルトラマン」のシリーズがかなりありました。
ウルトラマンって、これをお読みの方で描く人は少ないでしょうけれども
いざ描くとなると口がとても難しいのです。
なんかヘンな四角にしかならなくて・・・

ところがある時。
ウルトラマンのデザインをした方の記事を読んだときに
「本当に強い人は戦っているときに笑っていると思う。
だからアルカイックスマイルを口元に浮かべるデザインにした・・・」
というような事をおっしゃっていたのです。

それまでは、口を角張った四角としてしか描いていなかったので上手くいかなかったのですが、
ちゃんと唇を描くんだ、アルカイックスマイルなんだと意識して描くようにしたら、
以前より上手く描けるようになりました。

ちゃんとその意味を知ると、上手く出来るようになったりするものです。


b0158125_5403034.jpg
[PR]
日曜美術館を見ていたら、精神科医が画家の事をこう定義していました。

「画家というのは、物の見方を発明する人」

フムフムいいですね、この定義。

b0158125_6552577.jpg
[PR]
久しぶりの上履きのお仕事。
奥の深いポケモン柄。
なにせキャラクターが4百いくつだかあるそうで、
お気に入りを聞いて描くのにポケモン辞典を開かないと、
どれがどれやら、なにがどうやら判らないものでして・・・

それにしても私、今までに何足頼まれて上履きに絵を描いてきたかしら。
結構な数になると思うけど。
しかし、小さなクライアントの好みを聞くのは面白いものですよ。
思い入れとか年代によっての好みの変遷とか、いろいろ感じられて・・・
私は出来るだけ、上履き一足に描き込める分の彼らの夢を叶えてあげるのです。

ぶんぶく。

b0158125_4532879.jpg
[PR]