<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


ウルトラ8兄弟の映画を観て、ウルトラ魂にさらに火がついたご兄弟からの上履き注文でした。

二人ともティガが(映画の主演だったからね)ご希望。
映画熱が醒めない内に差し上げなくてはね。

お友達に上履きを描いてあげると、家の下の男子があげたくなくなってしまうのが困りもの。
出来上がりを包んでいると、大抵横で「あげないよ~オレんだよ~」とビービー泣く。

だめだよ~、こいつはママの手下なんだから。ちゃんと差し上げて征服していかなくちゃ。
「行っておまえの使命を果たせ・・・」とブツブツいいながら、包む。
かなり保育園の征服は進んできた。

しかし、この所、上履き仕事が多いですけれど、ちゃんと他の仕事もしているのですよ。ただ写真に撮れないだけで…(^-^;)

b0158125_9414474.jpg
[PR]
上履きのご注文でした。
プリキュアに出てくるミルクとレモネードちゃん。

テレビアニメのキャラクターも最近は5人なんているから、子供それぞれに好きなキャラクターが様々で面白い。

アイドルグループが大勢いるのと同じなのね。自分好みの子を探して応援するのが…

b0158125_1538863.jpg
[PR]

保育園の運動会に使いたいから…と大きな龍の絵を頼まれた。
息子達の楽しい運動会のためとあれば、ここは一肌脱ぐしかない…って訳で龍を描く。

競技内容から、洋風ドラゴンでなくて東洋風の龍なのだそうだ。
輪っかをつかむような、あるいは玉に乗るようなポーズで三色三匹の龍たちのご依頼。


目玉を描き入れて「画竜点睛」、天に登っていかなかったから、私の画力も知れたもンです。トホホ。


さて、龍の上でどう攻略するか相談中なのはウルトラの父とウルトラ戦士。
彼らは紙の押さえ係。重要な役割よ。

b0158125_2114982.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2008-09-20 21:01
女の子だったら、欲しいわよね~

花束とおっきなダイヤ。

そんな指輪を作っちゃいました。

こんなの欲しいもんね~。b0158125_6555969.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2008-09-17 06:56
日経ウーマンで使ってお役御免となったワインは飲み切って、空になったボトルを置いておいた。

それをその1が見つけてこう言った。

「この人、ツラそう…」

そうよね~。ワインは冷蔵庫で冷やされ水滴がつき、ラベルのインキが水で流れて…

可愛いかったあのコもツラそうな姿かたちになってしまいましたとさ。

b0158125_1632139.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2008-09-12 16:32
「今日は行くぞ~」いそいそ。

スタバにコーヒーを飲みに行く。
大抵、コーヒー一杯なのだが今日は違う。

だってotegami-studio に載せる商品の撮影だから、
キャンドルはマフィンかケーキに建てないと、商品説明にならないから~

コーヒーと共にブルーベリーマフィンを頼む。

ちょっと食べてあった方が絵的にいいよね・・・と食べてみる。

だって仕方ないじゃない

食べなきゃね~絵的にね~










b0158125_5222445.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2008-09-10 05:33

保育園友達に、今日はプリキュアのアクアを上履きに描いてあげました(キュアアクアが好きなのですって)。
変身前と変身後のお顔。

このところ、戦闘機とレンジャー物か怪獣の注文が多かったからなあ・・・
女の子キャラのご注文に、しばし資料の研究の上、練習してから描きました。

さて、渡すときにはいつものジュモン。


「ゆけ!行ってその使命を果たすのだ!」

そしてニッコリ

b0158125_18125189.jpg
[PR]
私のホームページotegami-studioで新作おてがみを作る。

今回はBook Candle。

ブックマッチではなくてブックキャンドル。

いやはや、今まで困っていたんです。
火は貸してもらえるけれど、キャンドルは貸してもらえない。

外出先で急にお誕生日の人に会っても、これでどこでもいつでもお祝いしてあげられます。

ああ、良かった。これで安心だよなあ。b0158125_6472782.jpg
[PR]
日経BP社からの日経ウーマン10月号が発売されました。
「20代ですべきこと、30代からできること」にクラフト作品が掲載されました。

今回も自分の作品がどのようにアレンジされてに使われているのか、
誌面を開けるまでどきどきでした。

面白いです。こんなふうに使われたんだ。

ここでこんな意味を持たせたんだ。

一読者として雑誌を眺めている時とは見る視点が違ってしまうので、なかなか記事の内容を読み込むまでに時間がかかってしまいます。


b0158125_6354026.jpgb0158125_636230.jpg
[PR]