カテゴリ:お道具( 25 )

b0158125_13171766.jpg
















先日の4コマノートに引き続き、ノートの話。
こちらはページがポケットになっているノートで
その名もカンガルー・ノート。

イラストのこまごましたものを入れたり、
記事の切れっ端を入れたり、
旅行の時のあれこれやレシートや半券や・・・
そんなものを入れたらいい。

ちよっとお気に入り。
[PR]
by otegami-studio | 2010-05-14 13:18 | お道具
小さなスプーンをよく無くすのです。

洗ったときに流してしまうのか、どこかに紛れてしまうのか・・・
とにかく何本もあったはずなのにたいていどこかに消えてしまいます。
昔からそうなのだよなぁ・・・スプーン曲げにも使ってないのに。
どんどん無くなってしまう。

手持ちが全くなくなってしまったので、とうとう昨日、近所の雑貨屋さんに買いにいきました。

このところ、私が家で使うスプーンはずっとこれ。
おそろしくシンプルで飾りがなくてなんてことないけど、デンマーク王室御用達品。
KAY BOJESZEN(カイ・ボイスン)のデザインカトラリー。
王室御用達品なのに税込み472円で売っている。
無くなったら近所でデンマークの王室や大使館の方々と同じものを472円で買ってきて使う・・・
パッケージに王室御用達品とシールが貼ってあります。
こんなところも妙に可笑しい。

この気軽さとシンプルさと愉快さが気に入っていて、
スプーンを無くしてはデンマーク気分を買いに行くのです。
お茶をかき混ぜてロイヤル気分を一振り。


関連記事・・・私のお気に入りのもう一つの王室話「50コのオムレツ」


b0158125_6154317.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2009-11-25 06:20 | お道具
文字の種を罫線の畝に植え込む作業をしていたので、
手が泥だらけになってしまいました。

ただ今、お話やら手紙やら何やら字を書く事をまとめて作業しているのであります。
頭の中の物を吐き出すには、まず手で書くのが私は好きなので、
まずノートに思いついた事を順番関係なく書いておきます。
余白に付け加えたり、取り去る文は線で消したり。
考えた形跡が跡に残るから紙の作業は便利です。
鉛筆で書くのが好きなので、手が汚くもなります。


こうしてノートに文字を埋め込むと
畑の収穫みたいに、物語が生えてきます。
それを取り込み、必要が有ればパソコンで編集します。

でもこういう収穫作業が好きなのです。
汗臭い作業も楽しいものなのです。
こうして鉛筆の泥にまみれた物語がパソコンで洗浄梱包されて出荷されるのです。



b0158125_773980.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2009-11-10 07:12 | お道具
そろそろ10月も終わり。
と書いて改めて「1年がもう終わっちゃうのかいぃい?」と思うのでありますが、
今日はハロウィンの日が近づいてきたという話題。

1年365日をなにかしらのお祭りイベントにしようと企む日本で
かなりの率で定着してきたハロウィンですが、
ご近所でやるイベントでフェイスペイントを頼まれて、その画材を購入しに行きました。

たいていコウモリだとかお化けとカボチャなんかを描くので
黒と白とオレンジと、今回は血糊用の絵の具も買ってみました。
血は大きいお兄ちゃん達用ですな。
結構リアルになりそうだから。
小さい子だとママもギョッとしちゃうだろうし、怖いですもんね。

子どもたちは顔に何か描いてもらうのが、ホントに好きなので
行列になってフェイスペイントの順番を待ってくれます。
商店会の配るお菓子をもらいに行く時間がなくなっちゃうだろうに・・・とこちらが心配しちゃうけれど。

たいていの子ども達には描いてあげるけれど、
あんまりちいさなお子さんだとかぶれたりが心配なのでご遠慮してもらう事も。
でもフェイスペイント用のクレヨンなんかを置いておくと、
ママ自ら「これ借りていいかしら?」と赤ちゃんの顔に何か描いていく人もいます。

いつも子どもの顔に描いていて思うのは
「なんてお肌がツルツルすべすべなんだろう・・・!」って事。
毎回すごく驚くのです。
絵の具はじいちゃうのですからね、なんて羨ましい・・・

b0158125_5583852.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2009-10-28 05:58 | お道具
画材売り場に行ったので、久々に色鉛筆の棚をみました。
さ~て今日の気分は茶色かな・・・。
結構、私はその日の色を決めて一色だけ色鉛筆なり絵の具を買うのが好きなのです。

茶色の棚からめぼしい物を選んでは試し書き。
この色にしようと決めて、鉛筆に押された色名を見ます。

「van-dyck-brown」・・・ヴァン・ダイク ブラウン。

画家のヴァン・ダイクが好んで使ったといわれる茶色でした。
落ち着いた茶色の色味が気に入って落書きしたけれど、
私が気に入って使っても誰も私の名前をかぶせてはくれない・・・(当たり前だ)。

でも、良いよなあ・・・この色。
ヴァン・ダイクさん、仲間にいれてください(なんとも畏れ多い)。

b0158125_6312376.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2009-10-22 06:31 | お道具
中央にあるサクラクレパス。
本当はクレパスそっくりの消しゴムです。
文房具店に消しゴムを買いに行ったら見つけてしまいました。

ピンクに青と黄色の3本セット。
パッケージもクレパスの箱そっくりだけれど、ミニサイズにできています。
消しゴムの1本はホントのクレパスに混ぜてクレパス箱に入れておこうかしら・・・


b0158125_604542.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2009-08-25 06:03 | お道具
ノートをいただきました。
鎌倉のTUZURUという紙の物のお店のノートです。
表紙にお姫様の万年筆と王子様の万年筆の寄り添う姿のイラストが描かれていました。
なんだか、これだけで物語が始まりそうな絵です。
ちょっぴり不気味な挿絵風な絵のノート。

このノートには、この絵から始まる物語を書かなくてはいけない気がしてしまいます。
いえいえ、このノートには目に見えないインクで
もう物語が書かれているような気さえします。

内表紙にも、同じお姫様と王子様万年筆の絵がプリントされており、
後ろに王様の万年筆の絵があります。
こちらも不思議で、思わず横に落書きしてしまいましたが、
その絵はまたあとで。


b0158125_16203222.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2009-07-27 05:51 | お道具
トイ・カメラを買ってから、あんまり面白い写真を撮ろうと意気込みすぎて
天気は・・・とか場所は・・・とか被写体は・・・とか、理想を追求しすぎていたら全く撮れておりません。
こりゃ、馬鹿馬鹿しいと思い直して、
この間のスパイの話で花つき帽子をかぶる女スパイとピストルを撮って見ました。
室内の明かりで、こんな赤っぽく変な色合いになるので、う~ん面白いかも。と
今日はトイ・カメラを入れているカメラケースを撮って見ました。

撮りだしたら、こんな他愛ない物を撮ってしまってちょっと反省ですが、
まあ練習だと思って・・・

それにしても、デジタルのトイカメラに入っているメディアの小さい事、小さい事。
こんな機械、それこそスパイの道具だわね。
だいたい携帯電話にカメラがついてるのだってスパイの道具だわよね。
こんな一般人が007もどきの行為が出来ちゃうのだから驚きですわ。
週末も携帯持って、なんちゃってスパイになろう~(笑)


b0158125_651051.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2009-07-17 07:01 | お道具
色鉛筆は好きな画材の一つですが、私は色味ごとに分けてメーカーなんか関係なく
ごちゃ混ぜにコップに差して使っています。
大切なのは色味。どこの何なんて関係ないんです。

古いものだと小学生の時に買ってもらった鉛筆も入っていて、だいぶん小さくなっているのですが
横に下手な字で名前も書いてあります。
一番本数が多いのはMITSUBISHIのuniの色鉛筆。
これは中学生の時に仲の良いグループの女の子6人に
10本ずつ分けて誕生日に買ってもらいました。
当時、60本の色鉛筆はこの三菱のが初めて出たくらいで珍しく高価で、
欲しかったけれど中学生の私にはとてもとても手が出せない代物でした。
そこで考えて、誕生日に10本ずつグループの仲間に買ってもらおうと思いついたのです。

私は60色全部の番号を調べて、6人に何番から何番までと担当を書いたメモを渡し、
ダブらないように注意しながら自分の誕生プレゼントを手配したのでありました。
みんな、あのときはありがとう。おかげで60本全部を一挙に揃えられました。

あとは外国に行った友達が綺麗だからと買ってくれたり、現地オリジナル商品だからとくれたり。
あなた、好きそうだからとダブった色鉛筆セットをくれたり・・・
で、様々な色鉛筆が集まってきました。
安かったり、高かったり、メーカーまちまちだったりすればするほど、
同じ赤でもいろんな色味が集まるので
いくらあっても困る事はなく、(置き場所には困るけれど)もらって嬉しいものの一つです。
だから、鉛筆立ては色とりどりの思い出が差してあるコップなのです。


b0158125_5464218.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2009-07-08 06:06 | お道具
ただ今、自分にハリネズミ・ブームがきておりまして、
とにかくハリネズミの物というだけでカワイイと思ってしまう、心境に陥っております。
妹にいわせれば、「あんまり一般的じゃないよね」と片付けられてしまいましたが。

誰彼とも無く「ハリネズミが今、一番来てる」と言いふらしていたところ、
とうとう、ハリネズミがきました。
それも以前から欲しかったトイ・カメラ。
トイ・カメラのくせにデジタル。

トイ・カメラは写した画像がちゃちくて色味がどぎつくて面白い絵が撮れるので
巷ではずいぶんと前から流行っておりましたが、フィルムが入手困難なのと
現像が手間なのと、現像しないとどんな画像かわからないから
入手困難なフィルムがもったいないのと・・・
で、つまりは買うのを躊躇していたのですが、

デジタルのが出た。

デジタルが出たのが知っていたけれど、今度は貧乏なわたしには価格が困難で(笑)
買うの躊躇していたのですが、

買ってもらった。

それも、ハリネズミって名前の。

わあいわあい、嬉しいのであります。
ホントはトイ・カメラで撮った写真をupしたかったのだけれど、
天気の良い日に撮らないと(トイ・カメラは暗いとダメなのだ)と思っていたら、
なかなか条件が合わなくて、トイ・カメラ自体を撮ることにしました。
必然、撮っているカメラはトイ・カメラじゃない・・・

それにしても、トイなだけあって一昔前の使い捨てカメラみたいなボディーのカメラなのだ。
デジタルよ、これ・・・

b0158125_5335961.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2009-06-02 05:34 | お道具