カテゴリ:ぽくぽく散歩( 12 )

b0158125_6384688.jpg
















お休みの最終日のこどもの日には
浅草に行って東京ツリータワーを眺めて、アイスを舐めて
ご飯を食べて、帰りに銭湯の菖蒲湯に浸かり、
疲れて寝る。

急ぎ仕事も上がって、すこし息抜きでした。
[PR]
by otegami-studio | 2010-05-06 06:38 | ぽくぽく散歩
b0158125_647373.jpg

















これは先週の目黒川の写真。
一週間も経つともう桜ははらはら散って、もうこんなに満開じゃないと思うけれど。
ほんとうに桜の時期は短くて、それを見逃すともう来年まで待つしかない・・・
あっけなくて、惜しい惜しいと思う気持ちで見る花です。

でも、桜ほど、その場所にさえ行けばまた来年も見られるという花もない気がします。
あそこに行けば春には花が咲いている。
そんなお約束のできる花で、頼もしい。
さびしい気持ちにも希望が持てるのだけど。

しかしソメイヨシノはクローンだと言いますね。
同じ遺伝子を持つ木の挿し木で日本全国に増えたもの。
毎年、桜前線が発表されますが、クローン植物で遺伝子が同じなので
条件が整えば一斉に開花するからです。
まさに生物気象観測レーダーなのだけれど。
遺伝子同じな木は咲かなくなる日も同じということ?
レーダーが止まってしまう日がくるの?
どうなの?

あそこに行けば春には花が咲いているって、お約束が出来なくなるのは
想像がつかないのよ。
ねえ、桜。
[PR]
by otegami-studio | 2010-04-14 06:48 | ぽくぽく散歩
道を歩いていると
私の後ろを歩く二人連れの話し声が聞こえてきました。

「周りにB型がいたら絞め殺しちゃう」

・・・!
私は息を潜めて、足早にその二人連れから離れました。
そうです、私はB型です。
その後、二人連れがB型についてどんな感想と仕打ちを話していたかが
気にはなりましたが、私はB型だと知られるのが恐ろしくてやめました。


ちょっと歩くと、
住宅の庭先に咲いていたミモザの花を見つけたので
すこし眺めて
ドキドキした心を静めて帰りました。

b0158125_623837.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2010-03-24 06:23 | ぽくぽく散歩
街を歩いていましたら、はとバスが通りました。
2階建てバスで屋根の無いタイプ。
わたしも以前、子どもたちとこれに乗って都内観光をしたことがあったのですが、
結構面白かったのでした。

橋の下をくぐったりすると2階建てで屋根がないものだから
間近に橋が迫ってきてぶつかりそうなヒヤヒヤ感が楽しいし、
おまけに橋の裏側が見えたりして面白かったのです。
風を感じながら、いつもとは違う視線で街中を見られます。
銀座なんて、歩道の人を見下ろしながら回って行くので、
信号待ちの人たちが羨ましそうにこちらを眺めて手を振ってくれたりして。
子どもたちはワイワイ楽しんだものでした。

けれども、それもお天気が良かったからのこと。

このはとバスの乗客はそろいのビニールの雨合羽を着て
整列して乗っていて。
一緒に歩いていた子供が
「かあさん、見てみて!みんなレインコート着て前向いてて可笑しい!
でも、あれ、乗ったことあるよね?あんなだっけ?」

にわか雨に遭ってしまったみたい。
どこか奇妙で可笑しくて、ああ、旅先はいつも雨な人の観光は大変。
わたしは妙に同情してしまった。
私たちが乗った時、よく雨がふらなかったもんだなぁ(旅先はいつも雨な私たち)。

ちなみにバスの名前が 'o sola mio 。
唄うどころではない・・・


b0158125_527453.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2010-02-22 05:27 | ぽくぽく散歩
さて先日。
とうとう私の長年の夢の一つである、「アレを覗く事」ができたのです!
何かというと、測量機器を覗いて見ること。
一度、覗いてみたかったのです。
よく道路脇で、奇妙なカメラみたいな機械を三脚に付けたような様子で
作業服を着たおじさんが覗いては何やら書き込んでいたりするではないですか。
あれです、あれ。

見かける度に後ろ髪を引かれる思いで通り過ぎる事、度々。
あれって覗くとどんな風になっているのかなぁ・・・?どうやって距離がわかるのかなぁ・・・?
見たいけれど、急に頼んで見せてもらえるかなぁ、仕事中だしなぁ・・・
と、こんな心配と興味にいつもさいなまれておりましたら先日、頼むチャンス到来!!!

「すいません・・・一度、これ覗いて見たかったんです・・・」
とお願いしたところ、心良くお兄さんが覗かせてくれて説明してくれました。
カメラのレンズのピント合わせするように焦点を合わせるのですよ。
そして対象物からの鏡の反射で距離を出すとかなんとか・・・
ああ、嬉しい。見てみたかったの。
これで一つ、人生での謎が減ったわ。

測量機器ってどんなだっけ?と思われた方はこんな感じ(私の試したものとは違う形だけれど)


私は「謎の仕事道具」を見せてもらうのが大好き。
時計の修理職人さんに小さなドライバーセットを見せてもらって
オマケに時計の中味を見せてもらい、説明してもらったり、
デパートの設備管理のお兄さんに、道具一式を入れているウエストバッグを
貸してもらって腰に付けさせてもらったこともあります。
(重くてひっくりかえるかと思った。)

ああ、良かった・・・
まだやってみたい謎道具の解明はあるのですけどね。
たとえば鳶職人の人が履く、だぼだぼの作業ズボン(なんと言う名なのだ?)を履いてみるとか・・・

b0158125_6403666.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2009-11-04 06:44 | ぽくぽく散歩
もみじ市に行った時に一番始めに入ったのが、キノ・イグルーさんのテント映画館。
ちいさなテントの中で10分くらいの短い映画を上映していました。

テントは私と子どもの3人が入っていっぱいくらいの大きさ。
「三匹の子豚」のアニメーション(でも普通の三匹の子豚とはストーリーが違う)
を見てきましたが、映写機の熱と外の空気の暑さと人の熱気で
小さなテントの中は暑い、暑い。

「早く出たい~」
「あと少しだから」
「出る~」

暑さに耐えられずに出たがる子どもの声となだめすかす私の声が
外で次の順番を待つ人にまる聞こえだったとおもいます。
途中、キノ・イグルーさん達が外からテントの裾を持ち上げたりして
少しでも涼しい風を送り込もうとしてくれたもの・・・(笑)

でも、持ち歩き簡易映画館って発想が面白いですよね。
こういう感覚が好き。
普通持ち歩かないものをポケットに入れておく・・・みたいなのが。

b0158125_5444768.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2009-10-14 05:56 | ぽくぽく散歩
連休中の10/10と11日に多摩川河川敷で行われていた、
「もみじ市」という大人の文化祭に行ってきました。

文化祭なのです。
様々な作り手さん達の制作発表と販売。
イラストや陶器や手作り靴やら野菜やらいろいろ。
料理研究家やレストランやカフェや鯛焼き屋さん達のおいしい食べ物。
演奏やら歌やらでライブ。

そんなのが河原でテント建てて行われたわけです。
お天気も良くて盛況でした。
青いお空に青いストライプのテントがきれいな風景です。

しかし、天気が良すぎて暑くて暑くて・・・
暑さに弱く、飽きっぽいチビ達を連れていったせいで、思うように見て回れず
心残りの多い日となりました。
展示を見るより、河原で石投げにつきあう羽目になったようなものでした。

クスン・・・

詳しくもみじ市を知りたい人は・・・もみじ市ブログで。当日の模様も追って更新されるはず。

b0158125_5183182.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2009-10-13 05:19 | ぽくぽく散歩
朝、ジョギングする人もいれば、犬の散歩をする人もいます。
ただただ朝の空気を吸うためにお散歩している人もいます。
出勤している人もいます。

そんな朝の道をすれ違う人の気配を感じつつ、わたしはずうっと下を見て
黙々と歩き、時々しゃがんで何やらひろって歩いておりました。

実は今日はただの散歩じゃない。
目的のある、採取の散歩。
わたしはあそこに行けばあると知っている。

この時期だとどうかな、早すぎるかな・・・と
思いながらも来てみたら、ほうらこんなに。

ドングリが。

今日のところはこのへんで許してやる・・・という位の数が拾えたので
帰ってきました。


b0158125_537475.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2009-09-29 05:40 | ぽくぽく散歩
朝の散歩をしていたら、
団地の一角にある街灯の柱に矢印→が貼ってありました。
「あっち」を発見。

b0158125_5324616.jpg


そこで差されるままに「あっち」方向にいきましたら
自転車置き場に矢印→が貼ってありました。
「こっち」発見。

b0158125_5324669.jpg


ではでは・・・と、次の「そっち」か「ゴール」を探してうろうろしましたが、
続きは見つけることが出来ませんでした。
ちょっと前の子どもの宝探しごっこか指令ゲームの名残だったのでしょうか。
結末のないゲームに少し残念な気持ちで
頭のなかの矢印を家に示して、帰りました。
[PR]
by otegami-studio | 2009-09-16 05:32 | ぽくぽく散歩
いつもお仕事をさせていただいているaoyama shoes gardenさんから
ぽくぽく散歩をするのに最適な靴を紹介していただきました。

この靴の名前を「隣町まで歩く靴」とつけました。
気分が良くて、気がつくと隣町まで歩いていってしまいそうだから。
おしゃれだけど、履き心地が良くてどこまでもお散歩できそうです。
さて、実物はこちらで見てみて。
「隣町まで歩く靴」を見てみる。

b0158125_6455258.jpg
[PR]
by otegami-studio | 2009-06-08 06:55 | ぽくぽく散歩